FC2ブログ

【大津山家直没落事】(上)

【きょうの日乃出 6:34頃 雲間から】
日之出1
【大津山家直没落事】(上)を記します。2回に分けて記します。

土俗(ドゾク)説、家稜(イエカド)ガ弟信濃守家直(イエナオ)ハ其折柄(ソノオリガラ)赤坂ノ嚴島(イツクシマ)ニ参詣(サンケイ)シテ居ケルカ、此事(コノコト)ヲ聞ケレトモ、小勢ニテ叶(カナイ)カタケレバ時節(ジセツ)ヲ待テ讐(シュウ)ヲ復(フク)セントテ、三池ノ諏訪(スワ)ノ江ヨリ舟ニ乗、肥前ノ諫早(イサハヤ)ニ落行(オチユキ)、大嶋ト云所ニテ病死ス、神尾(カミノオ)城ニ篭(コモ)レル者共(モノドモ)モコレヲ聞テチリ/\ニ落失(オト、ラクシツ)、又家稜(イエカド)ガ子三歳ニナリシヲ家人(カジン)等ヒソカニ隠シテ養育シ、名ヲ見付御子(ミツケミコ)ト改メ親族ナル故三池上総守(カズサノカミ)鎮照(シゲテル)ヲ頼居タリシニ、鎮照モ子細アッテ浪々(ロウロウ)ノ身トナル、見付御子(ミツケミコ)ハ成長シテ立花飛騨守(ヒダノカミ)ニ仕(ツカ)フ、此時(コノトキ)ノ名古京祐直ト云、

  一説ニ大津山先祖ハ遠江守(トウトミノカミ)ト云、近江(オウミ)国大津ノ城主ト、或ハ伊豫(イヨ)ノ国ノ人ナリトモ云(イウ)、此(コノ)遠江守文治元(1185)年ニ肥後玉名郡南関ニ配流(ハイリュウ)セラレ、此所(コノトコロ)ヲ押領(オウリョウ)シ、ソノモト大津ヨリ出(イデ)タル故ニ大津山ト号ス、其住(ソノジュウ)スル所ナル故大津山ヲ以(モッテ)所ノ名トモセリ、遠江守(トウトウミノカミ)ヨリ十二代相続(ソウゾク)スト云(イウ)、或ハ十九代相続ストモ云、按(アンズ)ルニ右ノ説不審(フシン)ナルコト多シ、前ニモ出セル如(ゴト)ク源平盛衰記寿永二(1183)年平家西国(サイゴク)落ノ処ニ大津山ノ関トミヘヌレバ、文治ヨリ以前大津山ノ名アルコト疑ナシ、(つづく)
スポンサーサイト

【大津山家稜被誅事】

【昨夕6:04頃の空模様】
夕暮れ3
【大津山家稜被誅事】を記します。次回は、「大津山家直没落事」です。

土俗(ドゾク)ノ説ニ、大津山家稜(イエカド)ガ太田黒神尾(カミノオ)ノ城ニ楯籠(タテコモ)レル事ヲ佐々籐右ェ門カ方ヨリ注進(チュウシン)セシカバ、成政多勢ヲ以(モッ)テ討捕(ウチトラ)ンハ易(ヤス)ケレトモ還(カエッ)テ討モラスコト有ヘケレバ方便テ誅(チュウ)セントテ、家入(カニフ)伝七・生駒雄詮ニ侍八人ヲ相添(アイソエ)家稜ガ方ニ自筆ノ状ヲ送ラルヽ、其趣(ソノオモムキ)ニハ、家稜ニ三千石ヲ与(アタ)フヘキ間何(イズレ)ニテモ所ヲ望ヘシト書(カカ)レケル、家入(カニュウ)・生駒ガ方ヨリモ、此儀於(コノギノオイテ)御同心ハ吉地村ノ浄満院ニテ参会(サンカイ)セシメント云遣ス、河内守ハ家入アマタ有トイヘトモ、其頃ノ出頭虚空(コクウ、キョクウ)屋敷弾正ト云者アリ、彼弾正ハ長七尺ニ余リ双(フタツ)ナキ大力(タチ)ニテ、常ニ五尺バカリノ刀ヲ横ヘ傍若無人(ボウジャクムジン)也、而(シカ)モ弁侫(ベンネイ?)ナリケレバ様々ニ追従(ツイジュウ)シテ家稜カ心ニ協(カナ)ヒ、諸事弾正カ計(バカリ)ニ任セ其他ノ家人ハ無カ如ク思ケレバ、纔(ワズカ)ニ弾正一人ニ奴僕(シモヘ、ドボク)少召ツレ浄満院ニ行(イキ)テ、両人ニ対面シ酒宴(シュエン)ニ及ヒケル、半ニ家入伝七匕(ワキサシ、アイクチ)首ヲ抜テ家稜ヲ切伏(キリフセ)ケレバ、弾正ハ見ルヨリモハツト云(イッ)テ飛出(トビダシ)、案内ハ知タリ、後(ウシロ)ノ山ニ走リアガリ行方(ユクエ)シラズ迯(ニゲ)失タリト云、

  土俗ノ説、佐々成政ヨリ以前ハ肥後ニテハ高(タカ)ト云コトハナシ、只(タダ)何町何反トバカリ云シヲ、成政右ニ載(ノセ)タル生駒雄詮ニ竿(サオ)ヲウタセ何石ヲ極(キワメ)ラル、土俗伝ヘテ生駒竿(イコマザオ)ト云ハ是也(コレナリ)、生駒竿ハ一反三百六十歩、今(イマ)竿ハ一反三百歩也、按(アンズ)ルニ、前ニ大津山・和仁(ワニ)・辺春(ヘバル)ガ叛逆(ハンギャク)スル故ニ佐々成政発馬(ハツバ)シテ和仁・辺春ヲ攻ラルトアレバ、ソレヨリ近辺(キンペン)ナレバ直(タダチ)ニ大津山ガ篭(コモリ)タル太田黒神尾ノ城ヲモ攻ラルベキ儀(ギ)ナルニ、田中落城スルトイナヤ早速ニ帰陳(キジン)セラレ、大津山バカリヲ人ヲ遣(ツカワ)シテ誅(チュウ))セラルヽコト不審(フシン)也、然(シカ)レトモ田中篭城ノ事ハ和仁軍記ニ従テ記(シル)シ、此段(コノダン)ハ土俗ノ談話ニマカセテ録(ロク)スルノミ、庶畿(ショキ、コイネガウ)ハ他日詳(ショウ)ニ事実ヲ知ル人ノ改正ヲ待(マツ)ト云、

【和仁弾正以下討死事】(下)

【竹林 きょう散歩中に撮す】
竹林2
【和仁弾正以下討死事】(下)を記します。次回は、「大津山家稜被誅事」です。

弾正(ダンジョウ)ハ見ルヨリモ刀ヲハ投捨(ナゲステ)、大手ヲ広(ヒロ)ケテ待居(マチイ)ケルニ、二人左右ヨリ一度ニ無手(ムテ)ト組ケルヲ、弾正彼等ヲ脇(ハ脱)サミ、迚(トテ)モ死セン命ナレハ一人死(シ)スルモ無念ナルニ己等(オノレラ)モ供セヨトテ、宮嶽(ミヤダケ)ヨリ谷底ニ飛降(トビオリ)テコソ死ニケル、春東弥ハ親実(チカザネ)カ妻子ヲ和仁一家ノ祈願所同邑(ドウムラ)ノ東勝寺清長坊(元ハ比叡山ノ者)ニ頼(タノ)ミ、筑後三池ノ住人小野某(ナニガシ?)ガ方ニ送リ、其身ハ途中ヨリ取(トッ)テ返シ敵ノ勢ニカケ入テ討死(ウチジニ)ス、其後清長坊親実ガ妻子ヲ小野ガ方(カタ)ニ送(オクリ)ケルニ、親実ガ妻落城ノ時懐妊(カイニン)シテ三月ニ及ヒケルカ、月日重(カサナ)ツテ一男子ヲ生(セイ)ス、小野ガ養子トナリ小野作左ェ門ト号シ同国柳川ニ住(ジュウ)シケルトナリ、

一説ニ、辺春親行(ヘバルチカユキ)ハ本領案(安)堵ノ沙汰(サタ)ハナク、カヘツテ誅(チュウ)セラルベキ由(ヨシ)風聞(フウブン)シケレバ、アナタ此方(コナタ)サマヨヒアリキシカ、程ナク病死シケル故、其子次郎九歳ニナルヲ其家老(ソノカロウ)芋生摂津守ト云者(イウモノ)伴(ノモナ)ヒテ吉地村ニ蟄居(チッキョ)シ、次郎長テ次左ェ門ト改メ加藤清正ニ仕へ三百五十石ヲ領(リョウ)シケルカ、傍輩(ボウハイ)ト喧嘩ニ及ヒ切殺(キリコロ)サレテ家名惣(タチマチ)ニ断絶ス、芋生摂津守ハ浪々(ロウロウ)シテ外目村(ソトメムラ)ニ住ス、摂津守カ子辺春五郎ト云者明暦・万治ノ比マデハ存命スト云(イウ)、立郎カ祖父辺春常陸入道喜運ガ方ニ大友義統(ヨシムネ)ヨリノ状アリ、見シマヽニ左ニ載ス、

親貞事、対(タイ)当方連々無別儀、覚悟之由、令承知候、偏(ヒトエ)ニ其身(方)才覚故ニテ感入候、仍於其国五十町分之事預置候、可有知行候、恐々謹言(キョウキョウキンゲン)、
   二月九日          義統(花押影)
    辺春常陸入道殿

右ニ見ヘタル親貞(チカサダ)ハ辺春能登守親行カ父ナリ、常陸入道ハ親貞カ一族ニテ家老ナリ、山鹿郡ノ内芋生ニテ十二町ヲ領シ芋生(イモウ)城ニ住スルガ故ニ、其子ヲ芋生摂津守ト称スト云、

【和仁弾正以下討死事】(上)

【きょうの日乃出 6:35頃 快晴】
日之出2
【和仁弾正以下討死事】(上)を記します。2回に分けて記したいと存じます。

和仁神儀(シンギ)、兄親実(チカザネ)ガ妻女并五歳ノ女子ニ春東弥ヲ附テ北ノ門ヨリ出シ三池ヲ差(サシ)テ落シツヽ、今ハ思フ事モナシ死ニ狂(クルイ)ヒニセヨヤトテ、向フ者ニ渡リ合火ヲ散シテ戦(タタカ)ヒケル、然ル処(シカルトコロ)ニ佐々成政ノ侍大将(サムライダイショウ)ニ津田与兵衛ト云大剛(ダイゴウ)ノ勇士弾正ヲ目カケ馳寄(ハセヨリ)シニ、弾正(ダンジョウ)彼ヲ馬手(バシュ)ニ受、冑(カブト)ノ正面ヨリ馬ノ鞍坪マテ破(ヤブリ)ツケタレハ、左右ニ分レテ落(オチ)タリケル、是ヲ見テ立花方ヨリハ由布大炊・鍋嶋籐七鋒(キツサキ)ヲ汰ヘテ切テ蒐(アツメ)ル、中村治部少ハ隠レナキ精兵(セイビョウ)ナリシカ能(ヨク?)引テ放ツ箭(ヤ)、由布大炊カ胸板ニ中(アタ)ツテ背ニグット通リケレバ、洩(タマリモ)アヘス馬上ヨリ逆(ギャク)ニソ落ルタリケル、相ツヽヒテ進(ススミ)タル籐七ニハ松尾日向(ヒュウガ)ムズト組、共ニ岩地蔵ノ石壁ヨリ谷ニ落テ空(ムナ)シクナル、松尾市正・石原刑部ハ深手(フカデ)アマタ被リ働キ心ニ任(マカ)セねハ、近ツク者ト引組刺違(サシチガイ)テ死タリケル、和仁神儀ハ敵廿余人ニ囲(カコマレ)レシガ、手モトニ八人切倒(キリタオ)シ、七騎ニ手負(テオワ)セテ追チラシ、山中ニハセ入(イリ)テ生死ハ更ニ知(シラ)サリケリ、今ハ弾正只一人四尺八寸ノ太刀(タチ)ヲ打振(ウチフリ)ツヽ、稲麻竹芦(トウマチクイ)ノ如ク打囲(ウチカコマ)ンタル寄手ノ中ニ切テ入(イリ)馬ヲ嫌ハズ薙倒(ナギタオ)スニ、片時ノ間ニ人馬弥カ上(イヤガウエ)ニ重リテ足ノ踏処(フミドコロ)モナカリケリ、弾正ハ思フ程ニ軍ハシツ、心静(ココロシズカ)ニ自害セントテ城中ノ宮嶽ニ登リケルヲ、北(ニク)ルトヤ思ケン、佐々方ノ兵士神保弥五郎・杉野又市弾正(ダンジョウ)討(ウタ)ント進ミ登ル、(つづく)

【鷽(鴬カ)蔵人殺和仁親実附落城之事】

【きょうの日乃出 6:50頃 撮影時間遅れる。】
日之出2
【鷽(鴬カ)蔵人殺和仁親実附落城之事】を記します。次回は、「和仁弾正以下討死事」です。

翌廿九日、佐々成政思案(シアン)セラレケルハ、敵多勢(タゼイ)ヲ以(モッ)テ小城ヲ陥(オト)ス事ヲ得ザルハ、要害(ヨウガイ)ヨク兵粮(ヒョウロウ)多ク士卒同心(シソツドウシン)スル故ナリ、然(シカ)ルニ辺春親行(ヘバルチカユキ)ハ欲深ク義(ギ)ヲ知ラサル者トキケバ、親行(チカユキ)ヲ欺(アザム)キ親実ヲ殺サシメントテ、箭文(センモン?)ヲ認メ親行カ方ニ射(イ)サシメケル、親行披(ヒラ)ヒテ是ヲ見ルニ、凡(オオヨソ)今度ノ闘争ハ和仁兄弟ヲ討(ウタ)ン為也、足下(アシモト)ハ元ヨリ罪ナケレバ親実ヲ討(ウッ)テ降参セラレヨ、左アルニ於(オイ)テハ本領ノ上ニ加行(ケギョウ)ノ地ヲ与ユベキ由(ヨシ)ナレハ、親行大(オオイ)ニ喜ビ酒チ返書(ヘンショ)ヲ認メ、仰(オウセ)ニ任セ親実ヲ討申(ウチモウス)ベシ、合図ノ烽火(ノロシ)ヲ揚候(アゲソウロウ)ベシ、其時攻入ラセ玉(タマ)フヘキ旨(ムネ)云ツカハシ、如何(イカ)ニモシテ親実ヲ討取(ウチトラ)ント謀(ハカ)リケレトモ、流石(サスガ)親実ガ武勇(ブユウ)ニ恐(オソ)レ思テ止ヘカリシニ、其比(ソノコロ)親実ガ出頭ニ鷽(鴬カ)蔵人(クロウド)ト云者アリ、弁才(ベンサイ)有リトイヘトモ勇気ナキガ故ニ、親実(チカザネ)其性(ソノショウ)ヲ知テ今度一方ノ大将トモセサリシカバ、蔵人恨思(ウラミニオモ)フ躰ニ見ヘケルヲ、親行密(ホソカ)ニ呼寄(ヨビヨセ)カクト語リ頼ケルニ、蔵人仔細(シサイ)ナク同心シ、十二月六日ノ夜半バカリニ親実(チカザネ)カ寝処(ネドコ)ニ忍(シノ)ヒ入、親実ヲ殺害シ首ヲ切テ敵陳(テキイジン)ニソ送リケル、親行ヤガテ合図の烽火(ノロシ)ヲ揚(ア)ケレハ寄手一度ニ攻入時、辺春ハ本丸ニ火ヲ放(ハナ)ツニ、折節(オリフシ)風烈(ハゲ)シク吹布テ一時ノ灰燼(カイジン)トナリニケル、カヽリシカハ和仁弾正・同神鬼以下ノ者共、今ハ斯(コレ)ヨト思究メ味方ノ兵ヲ集メ見ルニ、大将親実討(ウタ)レシヲ見テハヤ散リ/\ニ落失(ラクシツ)、漸(ヨウヤク)三、四十人バカリ残リタルヲ相具(アイグ)シ、敵陣ニ駈入(カケイリ)サン/\ニ戦ヒ馳抜、味方ノ勢ヲ見テアレバ半ハ討(ウタ)レテ、纔(ワズカ)ニ弾正・神儀・石原刑部・中村治部・松尾日向・同市正・春ノ東弥巳下十七人ニソナリニケル、


カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

こじょちゃん

Author:こじょちゃん
Handsome Oldboy の「こじょちゃん」

検索フォーム

QRコード

QR